2010年 05月 24日

家族で奮闘! 子猫の救出作戦!



先週のこと。

隣の家のベランダから ミャー ミャー ミャー ミャー鳴き声が聞こえるようになった。
隣の家といっても元義母の屋敷だが、今は外国人家族が住んでいる。



ベランダに一番近く隣接している、息子の部屋から眺めてみた。 |ё゚)ジ
荷物がいろいろあって、はっきり確認できないが、奥に子猫が数匹いるようだった。
どうやら野良ちゃんが子猫を生んで、移動してきたようだ。

猫は子猫が大きくなるまでに、数カ所 場所を移動する習性がある。






翌日木曜日の夕方。


息子の窓のすぐ近くで、子猫の鳴き声が聞こえるようになった。

こっそり覗いたら、 いたいた・・・・・まだ生まれて間もない可愛い子猫だ。
私が覗いていることに気がついて 母猫が警戒していた。





そして金曜日。

やはり、その日の朝も かなり近くで子猫の鳴き声がしていた。

その日は息子の家庭訪問の日で、私は仕事が休みだったので 
大掃除の最中も、朝からベランダを確認しようと試みていた。


おかしいな~ (・_・)? 
怪我でもしていて、動けない子猫がいるのだろうか・・・・・。
確認しようにも、窓には格子がついているし 死角がいっぱいあって確認することが出来ない。



ず~っと気になりながら、大掃除していた。
しばらくして、見てみると
母猫はどこかへ行って 子猫しかいないようだった。


しかし、やっぱりすぐ窓の近くで 子猫の鳴き声がする。

手を伸ばせば 届きそうなベランダなのだが、格子がじゃましてどうしても確認出来ない。
こっそりカーテン越しに眺めていると、もう一匹の子猫が近くまでやって来た。



超 可愛い  (。ё◇ё。)




見ていると、その子猫が
ベランダにある 直径7~8cm弱の排水溝の穴を 一瞬覗き込んだように見えた。
そして、すぐに 奥へ走って行った。

やがて母猫が戻ってきて、じゃれながら飛び跳ねていた。








排水溝は、蓋がなくなっていた。





嫌な予感がした。 ('・c_・` ;)















そして、翌日土曜日。


もう 私は、朝から 気になって 気になって仕方がなかった。

格子の間から 手を伸ばして、鏡を使って見てみるが、
やはり 鳴き声はするけど、姿が見えない。



しばらくしから ベランダをもう一度眺めたら、 そこに母猫がいた。

排水溝のそばに座っている。

ミャオーと母猫が鳴くと、 ミャーミャーと子猫の鳴き声が聞こえた。






やはり、子猫は排水溝の中かも知れない・・・・・・・・。


どうしよう・・・・・( ̄Д ̄;)





義母の家を借りて住んでいる外国人は、ほとんどこの家にいることがなく、
1日に1回、ちょこっと戻って来る程度だ。
連絡しようにもなかなか連絡が取れない。


不法侵入になってしまうが、 ま~ 一応大家だし
外階段から 2階へ上がってみた。



すると、なんとま~ (´□`)
2重 3重に門を付けていて、2カ所の門には 鍵まで掛かっていた。


これじゃ~とても ベランダへ入ることは出来ない。 ☆=>=>=>(+_+。) ガーン







とりあえず、隣の人が帰ってくるのを待つしかない。






夕方、
息子の送迎を終えて帰って来ると、ちょうど隣のご主人も帰ってきていて、
車に乗り込もうとしている所だった。



私は車から飛び降りて、すぐに事情を話しに ご主人のもとへ走った。

ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘





むこうは片言の日本語しかできない。



私が片言の英語でなんとか伝えたら、

話はすぐに通じた。 (*T▽T*)





ご主人も事情を分かっていたのだ。



嫌な予感は的中。

やはり、子猫は排水溝の中だった。 (TΛT)





ご主人も助けようと試みたが、穴が深くて 手を伸ばしても届かないとのこと。

途中何度も 片言日本語で、

「可哀想ね~  可哀想ね~」 と言っていた。


何か道具がないと助けられないよ。
明日また チャレンジしてみるから・・・・・

と ゼスチャーを交えて話してくれた。









排水溝を改めて見てみた。
2階のベランダから 1階に続いているパイプだけど、途中でカーブしている部分がある。

多分、子猫は そこに引っかかっているのだろう。



目測で測っても、2m近くある。




私は、 その日はずっと 気が気じゃなかった。






先週の月曜に降った まとまった雨から5日、
降る降ると言っていた、天気予報が外れて その日、土曜日もなんとかお天気に恵まれていた。


しかし、沖縄はまだ梅雨の真っ最中。


いつ雨が降るか分からない。


今、大雨でも降ったら・・・・・、子猫はどうなるの? (ノ_<。)





それに、子猫の鳴き声が近くで聞こえるようになった日、おそらくその日に落ちたと思われる。
私が気がついたのは木曜日の夕方だったから、
木曜日中に落ちたとして、もう 3日間、子猫はお乳も飲んでいないことになる。、



今は、まだ鳴き声は元気だけど、このままじゃ弱ってしまうよ・・・・(。>_<。)。






どうにか方法がないものか・・・・・
レスキューを呼ぼうか・・・・・。






そんなことを考えていた、22時前

結婚式に出かけていた夫が帰ってきた。





着替えを済ませ、ほろ酔い気分だった夫に、

子猫が、確実に排水溝に落ちている事。
隣の人も気がついているが、道具を使わないと助けられないこと。
今夜、明日にでも雨が降ったら大変なこと・・・・・・。
丸3日間、お乳を飲んでいないからこのままじゃ弱ってしまうこと。 


猫たちはもう 次の場所へ移動を始めていること。
(まだ近くにはいたが、ベランダから 別の場所へ移動していた)


を 話した。






すると、夫は すぐに立ち上がり


「 のこぎりはあったか? 」


「 木工用のしか ないけど・・・・」


「 いいからそれ持ってこい!  電灯も持ってこい! 」



と 夫は、脚立を取り出して、隣の屋敷へ向かった。



隣の一人暮らしのおばさんは びっくりしたろう^^;







夫は、1階から よじ登って
猫がどの辺にいるか確認しながら、パイプを切り出した。


入り口よりも 下の方が大きなパイプになっていて、切断するのもなかなか大変だった。




そして、ようやく パイプは外れた、






でも 子猫がどこにいるか分からない。
鳴き声は聞こえるのに・・・・・・。





心配して そばで様子を見ていた娘が、言った。


「 もしかして、切り取ったそのパイプの中にいるんじゃない? 」





そっか・・・・(゚▽゚)


私たち人間が居ては、警戒して 怖くて出てこられないだろう。




夫は、
「 きっと母猫が迎えに来るよ。 そのまま置いておこう。 」







私と娘は、部屋の中に戻り
2階の窓から、懐中電灯を照らして様子を眺めていた。





すると すぐに

来た 来た・・・・・・・o(☆∇☆)o




母猫がやって来て、子猫をくわえて走って行った。



あ~ 良かった。 (σc_;`*)







しばらくしてから、夫が家の中へ戻ってきた。

「 あれ どこに居たの? 」



「 ちゃんと母猫が連れて行ったよ~。 」 と  とても嬉しそう  (*'ー'*)


「 うん うん 2階の窓から見ていたよ。 」 (*^▽^*)





どうやら、夫は 
母猫が来るかどうか パイプのすぐそばで  確認していたようだ。 (笑)
心配だったんだね。







昨日の夜中から 沖縄は土砂降りになった。
救出が あと少し遅れていたら・・・・







こういう時の、


夫の行動力を、私はとても尊敬する。












しかし・・・・ 切ったパイプの補修はどうするべ?





まっ 良いか~   (^w^)

ひとつの命が助かったのだから。。。。。
[PR]

by mm_house1012 | 2010-05-24 16:02 | 日記


<< 我が家の事情      ちょっと危ない?  沖縄のお菓... >>