2008年 06月 05日

長~い 長~~い 居眠り?・・・・・・・・(-_-) ...zzZZZ



父は、よく居眠りをする。

これがまた、
至福のひととき なんだそうだ。



ある日のこと・・・。
父は、出かける用があったが 準備を早めに終えたので、少しだけ時間があった。

時計は 4時5分前・・・・・・・・・・・・・、



ソファーに腰を下ろし、ウトウトと居眠りを始めた・・・・・・・(_ _)(-. -) (_ _)(-. -)Zzzzz



そして いつの間にか・・・・眠りは深く・・・・深く・・・・・・・深く・・・・・・・・・。



















目が覚めると、そこには白い砂浜と 後ろには雑木林があった。

何処だろう・・・・・・・?


周りには 何もなく・・・・・・海だけ・・・・・。

風の音 波の音・・・・・・・・・・・・・とても静かだ・・・・・・。


島は、とても小さな島、
どうやら、そこは無人島のようだった。




雑木林の中へ入っていくと、木の実や果物がたくさん 生っていて、
どうやら・・・・・食べるものは、不自由もなさそうだ・・・・・・。



父は、

少しの間だけ・・・この無人島で楽しんでみよう・・・・・・、という気になっていた・・・。


いつか、きっと助けが来るさ・・・・・・・・。

















それから、どのくらい経っただろうか・・・・・・







父は、髪の毛も・・・・・髭も・・・・・・、それはそれは  長く伸び・・・・・・、



気が付けば、
そこで もう何年もの月日を、過ごしてしまっていた・・・・・・・・。



いつまで経っても・・・・・・


待てども待てども・・・・・・・船一つ見あたらない・・・・、



見えるのは、水平線ばかり・・・・・・・・・。





それからも、助け船は 来ることはなかった・・・・・・・。










そして、父は とうとう



その無人島で 死んでいった・・・・・・・・・。












はっ (゚Д゚○)ノ




父は、びっくりして  目が覚めた!




長い・・・長い・・・・・とても長い夢だった・・・・・・・・。






まずいっ!
出かけないと・・・・・・・・・・・・(°〇°;)







すぐに  時計を見た!










時計の針は、4時ちょうど を刺していた・・・・・・・・・。








父が 見た  無人島で一生を終えるという

長い 長~い  夢は・・・・・・・・・、





たった 5分の間に 見た夢だった・・・・・・・。
[PR]

by mm_house1012 | 2008-06-05 14:26 | 思い出エピソード


<< 昨日のこと・・・・・・(・_・;)。      ナーベーラー♪ >>