** M☆M House's Diary **

vmmhousev.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:思い出エピソード( 25 )


2009年 09月 17日

父は、ハブ捕り名人 ♪

 


昔、 近所では

通称 「ハブ捕り名人」と呼ばれるほど
ハブの生け捕りの 達人だった 父・・・。




私の実家は、山を切り開いて建てた家だったので、
子供の頃は、ハブが出た! なんて日常茶飯事であった。



今思えば、とても恐い話だが、

庭で見たなら まだしも・・・・・
家の中に入って来た事だって、何度もあった。 w((´ω`))wワオッ!!



オルガンの中、洗濯機の下などなど・・・・・・・

工エェ━━( ̄ェ ̄;ノ)ノ━━…





よくま~ 家族の誰1人と噛まれなかったものだ・・・・・・(゜_゜;)

今思うと ぞっとする程である。





玄関の垣根から、母に飛びかかって来た
20cmにも満たない程の小さな赤ちゃんハブを生け捕りにし、

大きいヤツが捕れたら その時一緒に売りに行こう♪ (゚∀゚)
・・・と言って、

3ヶ月あまりの間、その小さな赤ちゃんハブを瓶に入れて飼っていたこともある。 (-ω-)


ハブって それくらいの期間なら、水だけで平気に生きるのよ。 (゚ω゚)ノ




ハブを売りに行こう ?




沖縄を観光する方はご存じだと思うけど、
沖縄ワールド・文化王国玉泉洞の一部になっている、ハブとマングースの対決。


あの頃は、独立して 多幸山ハブ公園と言う場所があった。 (現在の琉球村)
そこでハブとマングースの対決が見られた。



父は、捕獲したハブを その公園に売りに行っていた。



ハブを生け捕りにする際、いかにキズをつけずに捕る事が出来るか・・・・ξ(`へ´)?

試行錯誤の上、
ハブを捕獲するための器具を 自ら手作りしていたくらいだ。   苦笑。



実際、それのおかげで 人が襲われる可能性も少なく
キズをつけずに生け捕りにしていたんだから ある意味、すごいと思う  笑<(; ^ ー^)






実家には、


比較に使われたであろう、 私たち子どもたち (-ω- *)

そして、 誇らしげに 「 ヘビ 捕ったど~~」 └(^0^)┐ と言わんばかりの父が

捕獲した無毒の蛇を持った 親子写真が残っている。


はい! チーズ!

゚.+:。(;-ω-)  ┌( ̄0 ̄)┐  (-ω-;)゚.+:。




※○o。..:*─※○o。..:*─※○o。..:*─※○o。..:*─※○o。..:*─※○o。..:*




そんな ちょっと・・・・

いや かなり変わった父も、もう76歳。




ひとり旅が好きで、30カ国以上の世界を旅して来た父。


年金は、全部旅の費用となり 財産は使い切って死ぬと言っている。  笑




今現在も、1人でどこか外国を旅している。

(何処行ってるって 言ってたっけな~? 笑)




父の旅の おもしろエピソードは、 またいつかの機会に・・・・





☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆



父に関連する 記事


長~い 長~~い 居眠り?・・・・・・・・(-_-) ...zzZZZ


結婚記念日?



うちの父の場合・・・・・。
[PR]

by mm_house1012 | 2009-09-17 15:00 | 思い出エピソード
2008年 06月 05日

長~い 長~~い 居眠り?・・・・・・・・(-_-) ...zzZZZ



父は、よく居眠りをする。

これがまた、
至福のひととき なんだそうだ。



ある日のこと・・・。
父は、出かける用があったが 準備を早めに終えたので、少しだけ時間があった。

時計は 4時5分前・・・・・・・・・・・・・、



ソファーに腰を下ろし、ウトウトと居眠りを始めた・・・・・・・(_ _)(-. -) (_ _)(-. -)Zzzzz



そして いつの間にか・・・・眠りは深く・・・・深く・・・・・・・深く・・・・・・・・・。



















目が覚めると、そこには白い砂浜と 後ろには雑木林があった。

何処だろう・・・・・・・?


周りには 何もなく・・・・・・海だけ・・・・・。

風の音 波の音・・・・・・・・・・・・・とても静かだ・・・・・・。


島は、とても小さな島、
どうやら、そこは無人島のようだった。




雑木林の中へ入っていくと、木の実や果物がたくさん 生っていて、
どうやら・・・・・食べるものは、不自由もなさそうだ・・・・・・。



父は、

少しの間だけ・・・この無人島で楽しんでみよう・・・・・・、という気になっていた・・・。


いつか、きっと助けが来るさ・・・・・・・・。

















それから、どのくらい経っただろうか・・・・・・







父は、髪の毛も・・・・・髭も・・・・・・、それはそれは  長く伸び・・・・・・、



気が付けば、
そこで もう何年もの月日を、過ごしてしまっていた・・・・・・・・。



いつまで経っても・・・・・・


待てども待てども・・・・・・・船一つ見あたらない・・・・、



見えるのは、水平線ばかり・・・・・・・・・。





それからも、助け船は 来ることはなかった・・・・・・・。










そして、父は とうとう



その無人島で 死んでいった・・・・・・・・・。












はっ (゚Д゚○)ノ




父は、びっくりして  目が覚めた!




長い・・・長い・・・・・とても長い夢だった・・・・・・・・。






まずいっ!
出かけないと・・・・・・・・・・・・(°〇°;)







すぐに  時計を見た!










時計の針は、4時ちょうど を刺していた・・・・・・・・・。








父が 見た  無人島で一生を終えるという

長い 長~い  夢は・・・・・・・・・、





たった 5分の間に 見た夢だった・・・・・・・。
[PR]

by mm_house1012 | 2008-06-05 14:26 | 思い出エピソード
2008年 05月 16日

ナーベーラー♪



ナーベーラーと言えば、

思い出す一コマ・・・・。


娘が小学校1年生の頃の話。




学校の国語の宿題の中に、
絵を見て □に言葉を書きなさい  と 言うものがあった。



ある絵を見て、・・・・・・□□□□ を埋めるわけだ・・。




娘が書いた答えは・・・・






ナベラー   ナーベーラーと書きたかったであろう・・・・・、




しかし、□は4つ


□が2つも足りないのに・・・・無理矢理 ナベラー と書いた娘。




私も夫も大爆笑♪  プー ε=(>ε<)三(>v<)ブッ




だって だって・・・ この宿題の絵が 非常~に悪かった・・・・



ここでの勉強の目的は、

きゃ・きゅ・きょ などの 拗音の勉強なのだ・・・・・・・・。









そう・・・・・・・・本当の答えは、  きゅうり




しかし、あれは 誰が見ても
到底 きゅうりには見えない 太すぎる きゅうりの絵 ・・・・・・。




絵も悪かった事だし・・・、ナーベーラーと答えた 娘に、私は拍手  ( 。・^ω^・。)



そのまま宿題を提出させた・・・・・。





翌日、


戻ってきた 宿題の用紙・・・・・。

先生の判定は いかに?
















× だった・・・・・。  (´∞` )




そりゃ~ね、 拗音の勉強だから 仕方ないけど・・・・・・・。


絵は まるで ナーベーラーだったんだからさ・・・・・・・・、笑



しかも、へちま とは書かずに、 ナベラー(ナーベーラー) と書いた娘に、


私の中では △を あげたい気持ちだった・・・・・=*^-^*=





その後の話・・・・・、








娘は、小学生高学年になるまで・・・・・・



ナーベーラー = へちま だとは  

     知らなかったもよう・・・・・・・・| ̄m ̄)




おまえは 確かに うちなーんちゅ だぜ! (*⌒◎⌒*)
[PR]

by mm_house1012 | 2008-05-16 18:20 | 思い出エピソード
2008年 03月 27日

息子の疑問?と 私の疑問?


息子が5歳の頃の話。


保育園の運動会を目前にして、ケガをしてしまった息子。

念のため整形外科へ。


朝一番に来たにもかかわらず、待合室は混雑していた。

何とか空席を見つけ 座ると、すぐに息子は絵本を持ってきて
「お母さん、これ読んで!」 と言った。


いろいろな動物のからだとほね

幼児向けの絵本だった。



「これが、トカゲの骨。 これはかえるの骨、そしてこれが人間の骨だね~」


息子は   (・_・D フムフム  とうなずきながら見ていた。


そして、

「ねえ、お母さん、おっぱいには 骨はあるの?」



「ううん、ないよ~。」




「じゃあ、ちん○んは?」





「( ̄_ ̄;)  ん~  ないよ~。」





「へぇ~ じゃあ何で 骨もないのに、硬くなるのかな~?」






内心・・・・・

「 えっ (_○_;) ぬゎんだって?・・・・・」





「ふ~ん  何で?  ねぇ、何で?」





・・・・・と こんな時に・・・・・・ しかもこんな質問で・・・・・

 何で 何で攻撃か・・・・・・・・・・・・・・(゜_゜i)タラー・・・





「( ̄_ ̄;)  ・・・・・・・・・。」 答えられるわけもなく・・・・・、





話題を変えようと、必死になる母・・・・。(;´Д`A ```

なおも、息子は容赦なし!



隣では、私がなんと答えるのか 楽しみにしているみたいな様子の・・・・・・、

すましたまま 耳をダンボにしている、おばちゃん達・・・・・。


・・・(|||▽ )








そこへ助け船!!


「○○さ~ん!  3番にお入り下さい。」



ホッ   ( ´o`)=3



これにて、話は中断され・・・・・・・息子の疑問もどこへやら・・・・・。





( ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄;;)    あ~ 焦った・・・・・っつうか・・・・、





こんな小さな子供でも・・・・・・・? という 私の疑問も残したが・・・・・・。
[PR]

by mm_house1012 | 2008-03-27 12:24 | 思い出エピソード
2008年 03月 03日

ヘッ ・デ ホ~ン♪




あれは、映画を観に行った時のことだ・・・。
映画は、感動ものだった。

そして、場面は 感動のクライマックスシーンだった・・・・・・(ノ_・。)


しか~し、



間が悪い・・・・・、こんな時に 私の鼻がむずむずしてきよって・・・・・・・(_TдT)


今はダメ 今はダメ・・・・ヾ(´゚Д゚`;)ゝ と 鼻に言い聞かせながら・・・・、
むずむずを我慢していた・・・・・・。


でも・・思いとは裏腹・・・・・そんな自然な生理現象を 我慢できるわけもなく・・・・・。




結局、

勢いあまって出た 私のくしゃみが、













 ヘッ ・デ ホ~ン 」 だった・・・・・・・・・  ( ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄;;)




何という まぬけな くしゃみ・・・・・・・・・・、この鼻めっ 〈キ`ェ´〉



せっかくの感動映画も、どこへやら・・・・・ (≡ω≡)


私は、自分のくしゃみが 可笑しくて 可笑しくて  (>y<) 、




今度は 笑いを堪えるのが大変で、せっかくの感動映画も台無しだった。




鼻炎気味だった私の鼻は 毎日くしゃみとの闘いで・・・・、




その日を堺に 出てくるくしゃみは 







「 ヘッ ・デ ホ~ン 」♪ 




この鼻めっ えらくその くしゃみが気に入ったようだ。


意識して別のくしゃみの仕方をしようと・・・・

そう 思えば思うほど、ますます変なくしゃみになり・・・・、(´ヘ`;)



そのうち、自分がどんなくしゃみだったのかも忘れてしまい・・・・ 
     直すのにとても苦労した思い出・・・。




当時 妹が、

「姉ちゃんのくしゃみは かなり変だよ。」 と  プー ε=(>ε<)三(>v<)ブッ

大爆笑していた事をよく覚えている。



なお、 現在は ちゃんと普通のくしゃみです (多分・・・・・・) 笑。
[PR]

by mm_house1012 | 2008-03-03 13:39 | 思い出エピソード
2008年 02月 22日

にゃん・にゃん・にゃ~んこの 日♪

2月22日

にゃん・にゃん・にゃ~んこ の日・・・・・で 猫のエピソードを・・・・。




我が家にも以前、猫が2匹いた・・・・・・・・・。

もう、10年ほど前のこと・・・・・・。

しましま模様のトラ猫ちゃん☆ ミーミー と シーマーちゃん。



ミーミーもまだ子猫だった頃だ、

この子は、ちょっと変わったことをする猫だった・・・・・・・・。



息子は 当時まだ2歳。


の字ならぬ の字(家族4+猫2匹)で寝ていた 我が家・・・・・・・・・。




夜中になると、





くちゃっ くちゃ  くちゃっ くちゃ  ・・・・・・・・・




と 変な音で目が覚めた。  (/0 ̄)






見ると、ミーミーが 息子の耳の中を一生懸命 舐めている・・・・。



げっ 何をしとるんじゃ この猫は・・・・・・・・、気持ち悪いな~  (゜_゜;)..

と 引き離しても、



しばらくすると、


また くっちゃ くっちゃ くっちゃ・・・・・・・・



そんなに息子の耳の穴が 美味しいのか? (-ω- ?)




毎晩のようにそんな感じだった・・・・・・・



あれは、いったい何だったんだろうね ?



誰か、そんな猫飼っていませんか?  見たことありませんか?





写真 UPしたよ~ (懐かしいさ~^^♪)


もう一枚 追加しましたっ 笑

こんな猫ちゃんたちだったよ♪
[PR]

by mm_house1012 | 2008-02-22 11:51 | 思い出エピソード
2008年 02月 18日

三日月 かんぱち



Gメン‘75続きで・・・・・・・・・・・・もう1つ 思い出エピソードを・・・・♪



小学生だった私と弟で、





土曜の夜、




遊んでいた・・・・。







それを
遊びというのか・・・・?  どうか・・・・・?  分からないが・・・・・・・・ (* ̄m ̄)



身体にむしろを巻き付けて( みの虫みたいな状態 )、 ぴょんぴょん跳びはねていた・・・。












こんな感じで・・・・・・・。(絵が下手ですが・・・(^_^;)

c0139258_1358239.gif





そうやって、ゲラゲラ笑いながら・・・・ ただ 飛び跳ねていた・・・・・・


その時だった・・・・・・・。











そのまま、TV目がけて 倒れた・・・・・・・・・・。
















身体は、むしろに ぐるぐる巻きにされているわけで・・・・・・・・・、















手も足も出ない わけで・・・・・・・。










倒れた時に、額をTVにぶつけてしまったのさ・・・・。






「 あっが~ 」 (痛い!)   「(≧ロ≦) アイターッ



直ぐに むしろを解き、




あ~ たんこぶが出来る~・・・・・・ と 慌てて、額を揉んでいた。  (ー'`ー;)













・・・・・・・・・・・・・・・・・・が、









な~んか 手がヌルヌルする わけ・・・・。  ((゚m゚;)







手のひらを見ると、












がベットリ 付いていた。 ((o(>血<)o))  ぎゃ~








そう・・・・・・・・・・・、



たんこぶどころか  額を切ってしまっていたのだ。









忘れもしない・・・・、

目の前では、ちょうど Gメン‘75の クライマックスシーン!


犯人が空手チョップで、ボコボコにされているシーンだった・・・・・・・・。





(゚Å゚´)




ヽ(;゚;Д;゚;; )




ヽ(Д;:;;))))




わ~~~~ん





血を見た私は、 そりゃぁ もう  大泣きさ。  。・゜゜・ <(T◇T)> ・゜゜・。











直ぐに救急病院へ行った。


















3針縫われた・・・・・・・・。









そして、

今でも、私の額 ( 髪の生え際 )には 三日月かんぱちが残っている。  (。-_-。)




056.gifかんぱちとは、

  傷跡のこと。


だから、三日月かんぱちは 三日月の形をした傷跡 と言う事。




そう言えば・・・・、

今 思い出したが、 こんな歌があったよ  ^^




♪ ひとつ かんぱち   ふたつ かんぱち・・・・・・   みっつ 三日月かんぱち ♪

よっつ 横にもかんぱち    いつつ  いつでも かんぱち

むっつ  むこうに かんぱち    ななつ 何でも  かんぱち

八つ  やまにも  かんぱち   ここのつ  ここにも かんぱち

とうは  とうとう  はげ頭っ  ♪♪♪   



って言う歌  爆!!


メロディをお伝え出来ないのが   残  ~  念  ~   無念  だわ~・・・・。





長くなりましたが、



Gメン‘75にまつわる 痛~い 思い出っ でしたっ  (´~`ヾ)






参加していま~す♪ ぽちっ よろしくお願いしま~す。

[PR]

by mm_house1012 | 2008-02-18 14:08 | 思い出エピソード
2008年 02月 13日

遅刻だ~ =C= C= C=(o>ロ)o



朝、だいぶ冷え込むようになり、

子供たちは布団からなかなか出てこないので、毎日慌ただしく登校して行く。


そんな光景を見ていたら、ふと私の小学生の頃を思い出した。



あれは、
ある日の寒い冬の朝 の事・・・・・・・・・・・。




目が覚め、虚ろ虚ろに時計を見た。  (/0 ̄)



(°◇°;) ゲッ


8時を回っているでは ないかっ!!!




びっくり! 飛び起き!   Σ(O_O;)!!


起こしてくれなった母に、ぶつぶつ文句を言いながら・・・・・


大急ぎで支度し、   Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


ランドセル背負って 慌てて登校するそんな私を、



父は何故か 妙に ニヤニヤ笑いながら見送っていた。






道を歩いていると・・・・・・



通りがかりのおばさんや、車の運転手がじろじろと 私の事を見ている。




(´・ω・`)?


何?


何か付いているのかな?



自分の服装が可笑しいのか? 



それとも 私の顔に何か付いているのか????? (。´・ω・)?



不思議な気持ちで キョロキョロしながら歩いていた・・・・・・。





学校まで、もう少し   という所で、




近くにいたおばさんに 声を掛けられた。








「 あんたは、今日 学校に行くのか~? 」  と・・・・・・・・・




「 は・・・・はい ・・・・・。」 と返事をしながら ・・・・・・



ふと昨日の晩の記憶が蘇ってきた。












そう言えば、昨日見た TVは確か・・・・・・・・







(・◇・;;


















Gメン ‘75     う~歳が にわかにバレるな  んな事どうでもいいけど・・・!









って 事は・・・・・・・・、  って 事は・・・・・・・・・・・・・・・、






























今日は、日曜じゃないか~!!!!!  ヽ(*゚ω。)ノ

 ( そう・・・Gメン ‘75は、 土曜日 夜9:00放送だった 







( ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄;;)







お~恥ずかしっ  lllll(*´=Å=`*;)llllll







その時に分かったのさっ・・・・・・・・・・(;¬_¬)





何故 あの時、父が ニヤニヤ笑っていたのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・(;-`д´-)







参加していま~す♪ ぽちっ よろしくお願いしま~す。

[PR]

by mm_house1012 | 2008-02-13 12:39 | 思い出エピソード
2008年 02月 04日

子供の言い間違い



子供って、よく言い間違いをする。


例えば、おたまじゃくしを

おじゃまたくし

おじゃたまくし・・・・( こっちのほうがよっぽど言いにくいけど・・・。 )爆



トウモロコシを


とうも殺し  トウモコロシ  とか・・・・・笑。



まっ、単に順序が入れ替わっている かわいい間違い・・・。



σ(^^)  私の場合、(もちろん 幼い頃だが・・・)










雨靴(あまぐつ) →   アカピーキ


扇風機 →  ヤマンチーチ



と言ってたそうだ・・・・。



何故にして?      ?(゜~゜)ヾ


何故そう言うのか、親も分からなかったそうだ・・・・・。爆

何度 言い直させても、



アカピーキ・・・・・・・。



母がゆっくりと・・・、  「せん」


私  「せん」



母  「ぷう」



私  「ぷう」


母  「き」


私  「き」




母  「せんぷうき」






私、







 「 ヤマンチーチ 」






とこんな具合・・・・・爆!





関連性もないような・・・、変な こ と ば・・・・。





タイムマシンかなんかで 戻れるなら、



あの頃の私に会って、聞いてみたい。




なんで そうなの?  って・・・・。







参加していま~す♪ ぽちっ よろしくお願いしま~す。

[PR]

by mm_house1012 | 2008-02-04 13:59 | 思い出エピソード
2008年 01月 26日

鼻に異物・・・・・・・・・・・事件!

子供が 誤ってやってしまう 珍行動


甥っ子は、鼻の中にビー玉を入れ それが取れなくなって
救急病院に行った事がある。


何で、そんな物を鼻の中に??? Σ(-`Д´-;)

と思ってしまったが、病院の先生曰く そういう事はよくあるのだそうで、


10円玉を入れた子供とかも、いたそうだ。

子供の鼻に そんな大きなコインが、入った事もすごいが・・・ (; ̄Д ̄)?




・・・・・・そう言えば、私が小学3年生の頃、



同級生に、目が大きくて 色黒で、ちょっと意地悪な男子生徒 N君がいた。



授業中、

彼は 突然 何を思ったのか?



鼻に何かを 入れていた  (A゚∇゚) ?


彼が 鼻の中に入れた物・・・・・・・・・






それは、
















押しピン(画びょう) だった 。  (・∀・;) ?



何で  (*゚ω゚*) ? 





多分、ふざけてやったのだと 思う・・・



と、  その直後、




彼は 鼻に入れた物を、必死に取ろうとしていた (;´・ω・)


しかし、取ろうとすればするほど、


押しピンは どんどん奥へ入っていったようす ・・・(゚_゚i)





初めは、ふざけて笑っていた N君の顔が、


il|iΣ(oÅOil|i)il|i
だんだん青ざめていくのが分かった。  


今にも泣き出しそうな声で、


先~生~・・・・・先生~
鼻に・・・・・・鼻に・・・・・・。」   ヾ(TДT;)))).....




びっくりした、先生が慌てて取ろうとしたが取れない。




その後、先生と一緒に保健室へ行ったN君










しかし彼はその後、教室へ戻ってくることはなかった。













病院へ行ったからだった。;











今でも、名前と顔を忘れられないN君。


どうしているかな~?



どんなおっさんになったかな~? 笑







子供の行動には、気をつけましょう! ( *´艸`)
[PR]

by mm_house1012 | 2008-01-26 15:30 | 思い出エピソード