2008年 06月 05日

長~い 長~~い 居眠り?・・・・・・・・(-_-) ...zzZZZ



父は、よく居眠りをする。

これがまた、
至福のひととき なんだそうだ。



ある日のこと・・・。
父は、出かける用があったが 準備を早めに終えたので、少しだけ時間があった。

時計は 4時5分前・・・・・・・・・・・・・、



ソファーに腰を下ろし、ウトウトと居眠りを始めた・・・・・・・(_ _)(-. -) (_ _)(-. -)Zzzzz



そして いつの間にか・・・・眠りは深く・・・・深く・・・・・・・深く・・・・・・・・・。



















目が覚めると、そこには白い砂浜と 後ろには雑木林があった。

何処だろう・・・・・・・?


周りには 何もなく・・・・・・海だけ・・・・・。

風の音 波の音・・・・・・・・・・・・・とても静かだ・・・・・・。


島は、とても小さな島、
どうやら、そこは無人島のようだった。




雑木林の中へ入っていくと、木の実や果物がたくさん 生っていて、
どうやら・・・・・食べるものは、不自由もなさそうだ・・・・・・。



父は、

少しの間だけ・・・この無人島で楽しんでみよう・・・・・・、という気になっていた・・・。


いつか、きっと助けが来るさ・・・・・・・・。

















それから、どのくらい経っただろうか・・・・・・







父は、髪の毛も・・・・・髭も・・・・・・、それはそれは  長く伸び・・・・・・、



気が付けば、
そこで もう何年もの月日を、過ごしてしまっていた・・・・・・・・。



いつまで経っても・・・・・・


待てども待てども・・・・・・・船一つ見あたらない・・・・、



見えるのは、水平線ばかり・・・・・・・・・。





それからも、助け船は 来ることはなかった・・・・・・・。










そして、父は とうとう



その無人島で 死んでいった・・・・・・・・・。












はっ (゚Д゚○)ノ




父は、びっくりして  目が覚めた!




長い・・・長い・・・・・とても長い夢だった・・・・・・・・。






まずいっ!
出かけないと・・・・・・・・・・・・(°〇°;)







すぐに  時計を見た!










時計の針は、4時ちょうど を刺していた・・・・・・・・・。








父が 見た  無人島で一生を終えるという

長い 長~い  夢は・・・・・・・・・、





たった 5分の間に 見た夢だった・・・・・・・。
[PR]

# by mm_house1012 | 2008-06-05 14:26 | 思い出エピソード
2008年 05月 16日

ナーベーラー♪



ナーベーラーと言えば、

思い出す一コマ・・・・。


娘が小学校1年生の頃の話。




学校の国語の宿題の中に、
絵を見て □に言葉を書きなさい  と 言うものがあった。



ある絵を見て、・・・・・・□□□□ を埋めるわけだ・・。




娘が書いた答えは・・・・






ナベラー   ナーベーラーと書きたかったであろう・・・・・、




しかし、□は4つ


□が2つも足りないのに・・・・無理矢理 ナベラー と書いた娘。




私も夫も大爆笑♪  プー ε=(>ε<)三(>v<)ブッ




だって だって・・・ この宿題の絵が 非常~に悪かった・・・・



ここでの勉強の目的は、

きゃ・きゅ・きょ などの 拗音の勉強なのだ・・・・・・・・。









そう・・・・・・・・本当の答えは、  きゅうり




しかし、あれは 誰が見ても
到底 きゅうりには見えない 太すぎる きゅうりの絵 ・・・・・・。




絵も悪かった事だし・・・、ナーベーラーと答えた 娘に、私は拍手  ( 。・^ω^・。)



そのまま宿題を提出させた・・・・・。





翌日、


戻ってきた 宿題の用紙・・・・・。

先生の判定は いかに?
















× だった・・・・・。  (´∞` )




そりゃ~ね、 拗音の勉強だから 仕方ないけど・・・・・・・。


絵は まるで ナーベーラーだったんだからさ・・・・・・・・、笑



しかも、へちま とは書かずに、 ナベラー(ナーベーラー) と書いた娘に、


私の中では △を あげたい気持ちだった・・・・・=*^-^*=





その後の話・・・・・、








娘は、小学生高学年になるまで・・・・・・



ナーベーラー = へちま だとは  

     知らなかったもよう・・・・・・・・| ̄m ̄)




おまえは 確かに うちなーんちゅ だぜ! (*⌒◎⌒*)
[PR]

# by mm_house1012 | 2008-05-16 18:20 | 思い出エピソード
2008年 05月 12日

説教の行方は・・・・・・



あることで・・・・

息子に説教をしていた・・・・・・・・・。


あ~でもない  (q`0´p)ブー (q`0´p)ブー (q`0´p)ブー!!   こうでもない・・・・・・・


ウダ ウダウダ・・・・・・



しか~し  (*」`O´*)」




私の説教など・・・・・  とも感じていない 息子の態度・・・・・。 (*'Ι')







その態度に、怒りが爆発~! └(*`⌒´*)┘








「 このバッカも~~ん= 」  o(メ`□´)○  ・・・・・・・、









大声と共に、力が入りすぎて・・・・・・・























「 ブっ= 」









 





    へ  が出てしまった・・・・・・・・・・・・







うう・・・・・これは まずい・・・・・・・・・ ( ̄ ̄ロ ̄ ̄;;)









息子を見た・・・・・・(¬ー¬)、



彼は 笑いを必死に堪えていた。   ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )






私も我慢できずに・・・・・  (●゚,_・・゚):;*。':;ブハッ



「 が~はっっはっっはっっはっっは・・・・・・・・」  (^凹^)ガハハハハハ







もう、こうなったら 笑うしかないさ~ ・・・・・・。  (*´ー`)








息子も そりゃもう 大笑いよ・・・  ・゚・(ノ∀`)σ・゚・。いーーひっひっひっひ  (o_ _)ノ彡☆




説教も何処へやら、  (ε-_ノ-)ゞ    




二人でしばらく 笑って・・・・・・・・・・・。((((((((((ノ∀`)




チャン!チャン!
[PR]

# by mm_house1012 | 2008-05-12 15:14 | ドジ話
2008年 04月 25日

クシャミは、コントロールできるか?



最近の私の 鼻ってば、 なんでこう ムズムズばかり・・・・。


花粉症なんて ない沖縄なのに・・・・不思議でしょうがない・・・。


果林さんの話。  


耳鼻咽喉科のドクターの話では、ここ最近

来る患者さんは 鼻炎が悪化しているんだそうだ・・・・・・。 原因は何なんだろう・・・。


それは、さておき、


そんな一昨日の話。



仕事の帰りに、スーパーで買い物した。

会計を済ませた私は、両手いっぱいに マイバックやら 米などを引っ提げていた。




こんな時によっ!

この 鼻がムズムズ・・・・・・ うわっ クシャミが出そう・・・・・。  (;´Д`)




手はふさがっているわけで・・・・、 取りあえず・・・ちょっと息を殺して・・・・・・、



くしゃみは 可愛く 「 クシュンっ 」 ・・・・・ Ou_uO*




・・・・・・って  出そうと思った。






出るはずだった。








のよ・・・・・・・・・、







なのに・・・・・・・、





思ったより 勢いよく出た私の クシャミは、







ブヘッ   (*o゚益゚)o:∴





・・・・・・・と そりゃあ 大きく ・・・・・  



全く 可愛げのない のが・・・・・・・出やがった。   (-∠-)


鼻水の おまけもくっついて・・・・・・、





(*--*)   お~恥ずかしっ・・・・・・・・・






あなたなら、こんな時 自分のクシャミを コントロールできますか?
[PR]

# by mm_house1012 | 2008-04-25 16:36 | ドジ話
2008年 03月 27日

息子の疑問?と 私の疑問?


息子が5歳の頃の話。


保育園の運動会を目前にして、ケガをしてしまった息子。

念のため整形外科へ。


朝一番に来たにもかかわらず、待合室は混雑していた。

何とか空席を見つけ 座ると、すぐに息子は絵本を持ってきて
「お母さん、これ読んで!」 と言った。


いろいろな動物のからだとほね

幼児向けの絵本だった。



「これが、トカゲの骨。 これはかえるの骨、そしてこれが人間の骨だね~」


息子は   (・_・D フムフム  とうなずきながら見ていた。


そして、

「ねえ、お母さん、おっぱいには 骨はあるの?」



「ううん、ないよ~。」




「じゃあ、ちん○んは?」





「( ̄_ ̄;)  ん~  ないよ~。」





「へぇ~ じゃあ何で 骨もないのに、硬くなるのかな~?」






内心・・・・・

「 えっ (_○_;) ぬゎんだって?・・・・・」





「ふ~ん  何で?  ねぇ、何で?」





・・・・・と こんな時に・・・・・・ しかもこんな質問で・・・・・

 何で 何で攻撃か・・・・・・・・・・・・・・(゜_゜i)タラー・・・





「( ̄_ ̄;)  ・・・・・・・・・。」 答えられるわけもなく・・・・・、





話題を変えようと、必死になる母・・・・。(;´Д`A ```

なおも、息子は容赦なし!



隣では、私がなんと答えるのか 楽しみにしているみたいな様子の・・・・・・、

すましたまま 耳をダンボにしている、おばちゃん達・・・・・。


・・・(|||▽ )








そこへ助け船!!


「○○さ~ん!  3番にお入り下さい。」



ホッ   ( ´o`)=3



これにて、話は中断され・・・・・・・息子の疑問もどこへやら・・・・・。





( ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄;;)    あ~ 焦った・・・・・っつうか・・・・、





こんな小さな子供でも・・・・・・・? という 私の疑問も残したが・・・・・・。
[PR]

# by mm_house1012 | 2008-03-27 12:24 | 思い出エピソード
2008年 03月 13日

条件反射




昨日、夜遅く・・・・・・・・、

解れたスカートの裾を縫おうと、裁縫箱を持ち出し

食卓に座って、見えにくい針に糸を通していた。



最近、どうも針に糸を通すのが難しい・・・・・・・・・・って事は もう老眼?



がーん・・・・・・・・・( ̄Д ̄;)





近視&乱視&老眼???



これじゃ三十苦じゃないのよ・・・・・・・・・・・(´ヘ`;)








っと 話が飛んでしまったが・・・・・・・・、








・・・・・・・・・・、針に糸を通していた・・・・




その時!




針を落としてしまった    (・o・)













あっが~~ (痛い~~!)  (>ω<、)








分かります?


ほら・・・・・・・・・・・、






椅子に座って 何か物を落とした時、








あなたは・・・・、




それが落ちまいと 太ももで挟みませんか?











まさに 条件反射ってやつです!





針だぞ 針・・・・・・・・・・




太ももの間にきれいに横に落ちたもんだからさっ 



ジャージ着てたけど、刺さったさ・・・・・・・щ(´□`)щ





痛かったよ・・・・・ (。┰ω┰。)



おバカな あたし・・・・・・・ llllll(- _ -;)
[PR]

# by mm_house1012 | 2008-03-13 18:24 | ドジ話
2008年 03月 03日

ヘッ ・デ ホ~ン♪




あれは、映画を観に行った時のことだ・・・。
映画は、感動ものだった。

そして、場面は 感動のクライマックスシーンだった・・・・・・(ノ_・。)


しか~し、



間が悪い・・・・・、こんな時に 私の鼻がむずむずしてきよって・・・・・・・(_TдT)


今はダメ 今はダメ・・・・ヾ(´゚Д゚`;)ゝ と 鼻に言い聞かせながら・・・・、
むずむずを我慢していた・・・・・・。


でも・・思いとは裏腹・・・・・そんな自然な生理現象を 我慢できるわけもなく・・・・・。




結局、

勢いあまって出た 私のくしゃみが、













 ヘッ ・デ ホ~ン 」 だった・・・・・・・・・  ( ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄;;)




何という まぬけな くしゃみ・・・・・・・・・・、この鼻めっ 〈キ`ェ´〉



せっかくの感動映画も、どこへやら・・・・・ (≡ω≡)


私は、自分のくしゃみが 可笑しくて 可笑しくて  (>y<) 、




今度は 笑いを堪えるのが大変で、せっかくの感動映画も台無しだった。




鼻炎気味だった私の鼻は 毎日くしゃみとの闘いで・・・・、




その日を堺に 出てくるくしゃみは 







「 ヘッ ・デ ホ~ン 」♪ 




この鼻めっ えらくその くしゃみが気に入ったようだ。


意識して別のくしゃみの仕方をしようと・・・・

そう 思えば思うほど、ますます変なくしゃみになり・・・・、(´ヘ`;)



そのうち、自分がどんなくしゃみだったのかも忘れてしまい・・・・ 
     直すのにとても苦労した思い出・・・。




当時 妹が、

「姉ちゃんのくしゃみは かなり変だよ。」 と  プー ε=(>ε<)三(>v<)ブッ

大爆笑していた事をよく覚えている。



なお、 現在は ちゃんと普通のくしゃみです (多分・・・・・・) 笑。
[PR]

# by mm_house1012 | 2008-03-03 13:39 | 思い出エピソード